日帰り登山 > 山梨県・長野県の山 > 権現岳(八ヶ岳) 天女山駐車場から三ツ頭を経て権現岳 (往復)

[ 八ヶ岳 ] 権現岳 ごんげんだけ 2715m  良い眺め!花が沢山咲いていた。   グーグル地図  国土地理院の地図
天女山Pから山頂まで約4時間 山梨県北杜市/長野県諏訪郡富士見町
八ヶ岳連峰の南に位置する。南八ヶ岳の一峰。八ヶ岳最高峰の赤岳の南に対峙。東西にピークをもつ双耳峰の山体で、東峰が権現岳、西峰が擬宝珠(=ギボシ)と呼ばれ、その2つの峰の鞍部に権現小屋がある。明治の頃までは権現岳を中心とした一帯を八ケ岳と呼び、檜峰神社(八ヶ岳権現)が祀られ、古くから修験道の山として栄えていた。八ヶ岳中信高原国定公園のうち。
中央自動車道長坂→地方32入ってすぐ地方28へ→[高原大橋]信号左折して甲斐大泉駅方面へ→[天女山入口]信号をそのまま真っ直ぐ進んで県道620へ→道路終点に天女山駐車場Pは車20台分くらい。W.C.はPから天女山の方へ2分位歩いていった所にあります)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2008.7.半夏生

@



P
駐車場にある
八ヶ岳横断歩道
案内図
より


写真クリックで拡大
A
P


15




























B


















C



























D





E
「海抜二二〇〇米」
と刻まれた石標。

道中、
海抜を記した石標が
100mごとに
設置されていました。
F




前三ツ頭 まえみつがしら  標高2364.6m
3等三角点が設置されています。
尾根上の細長い露岩の広場で、展望すばらしい!
(「天の河原」から約2時間)

   前三ツ頭からの展望

         ↑ 写真クリックで拡大します ↑
        拡大された写真をクリックするとさらに拡大します
G
前三ツ頭分岐
[権現岳方面(三ツ頭まで15分)
 /甲斐小泉駅方面(木戸口公園まで50分)
 /天女山・甲斐大泉方面(前三ツ頭まで25分)]の道標が立つ。

このあたりも広い展望が望めます。
H




































1






I


























J

























K石祠が見えてきたら、
もう、ここは山頂部です。


このまま道を先へ進み
石祠のうしろに立つ
大きな岩のほうへ
回りこむと
「権現岳」と書かれた
山頂標があります。
       

L権現岳!  標高2715m  山頂標の上に鉄剣と「金毘羅大権現」と刻まれた石板  360度展望!
    山頂は岩峰で狭い。高山植物がたくさん咲いていました。山頂東面は断崖絶壁となっているので注意!
権現岳からの展望 
写真クリックで拡大します
拡大された写真をクリックさらに拡大

富士山南アルプス中央アルプス北アルプス八ヶ岳奥秩父
M









N













O山頂から5分ほど下った所に権現小屋があります(W.C.あり)
山バッジあるかなと思い寄ってみたのですが、ドアに「ボッカ中」
の札が掛かっていた。とりあえずバッジがあるか
おじゃましてみたら、あったあった、山バッジ発見!
編笠山・権現岳・青年小屋・権現小屋とローマ字で書かれたもの
で、編笠山と権現岳の両山が一緒にまとめられたバッジでした。
誰もいないので、バッジ購入の旨を書いて料金分のお金を
置いていこうと思ったのですが、値段が書いてない!
最近のバッジはだいたい¥400〜¥500位だけど、
予想を超える値段のバッジもあったりするので(かつて¥900もする
山バッジを見たことがある。さすがにそのときはバッジ買うのをやめた。)

泣く泣くバッジを諦めそのまま小屋を出ました。

下山は往路を戻りました。天女山Pに戻ったら、ついでに天女山へも寄ってみた。天女山頂は頂というより、ただの高台という感じの広場(東屋あり)。Pからはほとんど高低差なく辿り着いてしまう。(Pから約3分。途中にW.C.あり。)  視界が利けば展望を楽しめそうですが、あいにく夏の午後は、晴れていてもガスっぽく遠望霞む。






3

































































登山ルート     往=約4時間  復=約3時間
天女山P (車20台分くらい。案内図板あり。天女山の方へ2分くらい歩いた所に公衆トイレ。) 3分→ 天女山 3等三角点
↓約15分
天の河原 1620m ベンチ・テーブル・案内図板  広い砂礫地 富士山眺望  近くに観音平への分岐あり
↓約1時間
2000m地点 樹林に囲まれた中で眺望無し
↓約1時間
前三ツ頭 2364.6m 3等三角点 尾根上、露岩の広場。眺望良し!
↓約30分
前三ツ頭分岐
↓約15分
三ツ頭 2580m 小広い。ここも好展望!
↓約1時間
権現岳 2715m 山頂は狭い 360度好展望! 5分ほど編笠山のほうへ下ると権現小屋(W.C.あり)
↓約40分 来た道を戻る
三ツ頭
↓約5分 来た道を戻る
前三ツ頭分岐
↓約25分 来た道を戻る
前三ツ頭
↓約1時間40分 来た道を戻る
天の河原
↓約10分 来た道を戻る
天女山P 3分→ 天女山 1528.9m  3等三角点 奥秩父・富士山・南アルプス(赤石山脈)の展望

よく、とてもとても偉い人や大きな大きな権力を持った人を例えることばに、「雲の上の人」というのがありますが、山に登れば簡単に「雲の上」の存在になれます!!(←注) 雲の上では、雲の下からは見えなかったものが見えます!しかし、雲の上からは、雲の下がどうなっているのか分かりません。
(注)低山の場合は「雲の上の人」にはなれません。また、標高の高い山頂に立っても、雲が無ければ「雲の上の人」になれません。山に登って「雲の上の人」になれたとしても、権力は得られません。

日帰り登山トップ   温泉ではないのですが塊泉でたっぷりと休憩してから帰宅。   山バッジは買い損ねる

同じ八ヶ岳連峰内の山 → 赤岳(南八ヶ岳、八ヶ岳連峰中の最高峰 ・ 編笠山(南八ヶ岳) ・ 茅ヶ岳から見た権現岳

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・