日帰り登山へGO! > 群馬県の山 > 草津白根山(本白根山)日本百名山


2014年6月3日 気象庁は草津白根山を噴火警戒レベル2(火口周辺規制)に引き上げました。
山頂火口(湯釜火口)から1kmの範囲で警戒が必要。 火口周辺への立入規制等があるので注意。
 ↓
2017年6月7日 噴火警戒レベル1(活火山であることに留意)に引き下げました。
 ↓
2018年1月23日 噴火警戒レベル3(火口周辺規制)に引き上げました。
本白根山鏡池付近から2kmの範囲で警戒が必要。火口周辺への立入規制等があるので注意。
 ↓
2018年3月16日 気象庁は草津白根山の本白根山と白根山を分けて別々に噴火警戒レベルを設定することにしたようです。本白根山は噴火警戒レベル2(火口周辺規制)、白根山は噴火警戒レベル1(活火山であることに留意)だそうです。
 ↓
2018年4月22日 白根山を噴火警戒レベル2(火口周辺規制)に引き上げました。本白根山は引き続き噴火警戒レベル2

国道292号線の道路交通情報→ 草津温泉観光協会サイト

草津白根山 日本百名山
本白根山 もとしらねさん 標高2171m & 白根山 しらねさん 標高2160m
本白根山:群馬県吾妻郡嬬恋村/草津町   白根山:草津町  地図リンク 地理院地図
群馬県北西部の長野県境に近いところにある。白根山と国道292号線を挟んでその反対側(南側)にある逢ノ峰(2109.9m)・2171m峰(草津白根山の最高峰)・本白根山(三角点峰)などの幾つかの峰を総称して草津白根山と呼ぶ。上信越高原国立公園の中心部に位置し、山の東麓に草津温泉、西麓に万座温泉がある。
火山性ガスの危険、または冬季・春先など雪崩の危険があるときは遊歩道への立ち入りが禁止になっています。
関越自動車道渋川伊香保→国道17→国道353→国道145(草津方面へ)国道292(草津温泉から先、冬季閉鎖)草津白根駐車場(白根レストハウス横にあります。1日1回¥410 500) 地図リンク グーグル地図

白根レストハウス(草津国際スキー場ホームページ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本白根山へ向かう


Pから見た逢ノ峰
(白根レストハウスの横に広いPがあります。)
(W.C.アリ)

逢ノ峰山頂から見たレストハウス・弓池・白根山
逢ノ峰 標高2110.1m  3等三角点(点名:白根甲)












展望所からの景色!
  写真クリックで拡大します
 拡大された写真を
 クリックするとさらに拡大

⑤展望所からの景色。南東-南-南西側です。

本白根山遊歩道最高地点。標高2150m。
三角点(2165m)は向うの丸っこい峰にあるのですが、
現在は立ち入ることが出来ないみたいです。
よって、この遊歩道最高地点が山行中の最高所となります。
⑦遊歩道最高地点から辿ってきた道、展望所を望む。
⑧本白根山最高地点2171mは、
あの峰のてっぺんに!(最高地点へ行く道はありません)
写真クリックで拡大します
拡大された写真をクリックするとさらに拡大
⑨遊歩道最高地点から万座温泉方面へ100m位進むと北アルプスも見渡せます!
写真クリックで拡大します
拡大された写真をクリックするとさらに拡大








2等三角点です。(標高2165m、点名:白根山)
木々が生い茂っているせいで、
この地点からの展望は今一つ。

(現在は三角点のある付近は入れない模様 ~2007年~

こちらは白根山 国道292の北側にあります。(本白根山は国道292の南側)


白根山  2160m
視界を遮るものは無く、山頂は広い。
眺望も素晴らしい!

白根山頂から弓池・逢ノ峰・本白根山を望む

湯釜その横の涸釜にのんびり泳ぐ水鳥が居ました。湯釜ほど酸性度は強くないと思いますが、
それでもph値は高い方だと思います。温泉治療してるのかな?ガスに注意してほしい。

日帰り登山トップ  草津の温泉街  万座温泉  隣の山☞ 横手山

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・