日帰り登山へGO! > 埼玉県の山 > 城峰山

城峯山 じょうみねさん 標高1037.8m 1等三角点
から頂上まで約20分 埼玉県秩父郡皆野町/神泉村/秩父市  国土地理院地図
秩父北方、上武山地に属す。秩父郡旧石間村(いさまむら)にあったことから、古くは石間ヶ岳(いさまがたけ)とも呼ばれた。『新編武蔵風土記稿』によると、石間村の人々はこの山を城山と呼び、平将門の弟、御厨三郎将平の城跡と伝える。風土記稿の書かれた頃には、山頂に泰平社・春日社・天狗社があったらしい。現在、1等三角点が設置される山頂には、電波塔を兼ねた展望台がある。山頂下に城峰神社が鎮座、隣接して城峰キャンプ場がある。社記によると神社の創建は942(天慶5)年。平将門伝説のある山で、山中には、敗走した将門が隠れたという「将門の隠れ窟」なる岩窟がある。県立上武自然公園のうち。城峰キャンプ場まで車で行くことができるので、キャンプ場から登りはじめるとあっという間に山頂へたどり着く。展望台からは360度の眺望があり、視界の利く日には秩父・奥秩父の山々、八ヶ岳、上州の山々、浅間山、草津白根山、榛名山、谷川岳、赤城山、日光の山々が見える大パノラマを満喫できる。ドライブなどの途中にちょっと寄ってみるのも良いです!
関越自動車道花園→秩父、寄居方面へ→国道140→〔長瀞駅前〕信号を直進(ここを右折すると宝登山神社、左折すると長瀞駅)、もうしばらく国道140を走って〔金崎〕信号を右折→道なりに進んでいくと、一時停止(標識)にあたるので、一旦停止をして右斜めへ進む(ここで県道と合流)。すぐに〔国神〕信号があり、ここを右折(案内標識の「秩父華厳の滝」方面へ)→T字路(信号アリ)に突き当たったら左折し日野原方面へ(ここから県道284)→「満願の湯」を左手に見ながら、そのまま直進→「秩父華厳の滝無料駐車場」を左手に見ながらそのまま直進。やがて道幅が狭くなります。→しばらく道なりに進んでいくとやがて道幅が若干広くなり、さらに進んでいくと右側に「林道城峰1号線」の起点が現れる(下の写真①)ので、右折してこの林道に入ります。林道は道幅が狭いです。→城峰神社・城峰キャンプ場の🅿 ⇒ グーグル地図

※神泉村は2006年に神川町と合併して児玉郡神川町となる。→城峯山:埼玉県秩父郡皆野町/児玉郡神川町/秩父市

2002年 / 2020年2月


林道城峰1号線 (起点)
気象条件により通行不能の場合があります。


城峰山キャンプ場・城峰神社の駐車場へ

駐車場の横に城峰神社への鳥居。

鳥居付近の杉の木の根元に「明治二十二年四月杉並木三百本」と刻まれた小さな石碑がひっそりと立っていた。
(明治22年は1889年)

城峰神社を参拝してから
  山頂へ向かいました。

     細かい細工がたくさんしてある→





城峰神社の狛犬は目が金色!(狛犬のページ)


神社の少し上の辺りに
〔天狗岩/城峯山頂/城峯神社〕分岐











 ⑦電波塔兼展望台の横に、
    ひっそりと小さな石祠(千年祭記念と刻まれていました)
    千年祭は1942(昭和17)年に行われたらしい。
城峯山山頂 標高1037.8m
一等三角点  点名:城峯山
(山頂には電波塔を兼ねた展望台があります)
〔石間峠/阿熊・吉田町方面/城峯神社〕分岐

🅿から頂上迄は約20分

城峯山展望台から山座同定!写真⑨⑩クリックすると拡大します
⑨秩父市街方面を望む
⑩両神山方面を望む

⑪展望台から城峰神社を望む

⑫展望台から神流湖を望む

⑬天狗岩から見る城峯山頂

(天狗岩からも両神山など景色楽しめます。城峰山神社側から登れば天狗岩もスグです。)


ちなみに、
釜伏山から見た城峯山はこんな感じです。

城峯山 標高1037.8m

宝登山 標高497.1m
宝登山神社🅿から宝登山頂まで徒歩約1時間。
ロープウェイに乗れば、山麓駅から山頂駅まで約5分。山頂駅から山頂まで5~10分。
山頂のすぐ下に宝登山神社奥宮があります。

P城峰山へ向かって林道を行くと城峰神社そばにキャンプ場があるので、そこのPに車を停めて登山開始!頂上迄約20分。石間峠にも駐車スペース(W.C.有り)があり、こちらからも約20分で頂上へたどり着けますほぼ頂上付近まで車で上ってしまうので山頂迄行って戻って来ても汗は殆どかかないが、帰りに満願の湯で一休み。麓の皆野町下日野沢にあります。(2002年)

宝登山へ参詣登山した帰りに寄ってみました。18年ぶりです。時のたつのはなんと早いことか。宝登山神社の駐車場から城峯山の山頂付近まで車で移動。城峯山山頂直下の城峰キャンプ場駐車場から登ると20分くらいで山頂に着いてしまうので登山とは言えないのですが・・・。以前も何度かこの時期に城峯山に登ろうと思いすぐそばまで来てはいたのですが、林道が雪などで通行止めになっていて登らずじまいでした。今年は雪が少ないということもあり林道は通行可能で、数ヶ所路上に残雪・凍結があったものの、スタッドレスタイヤでなんとか乗り切り(少し登り坂の10mくらいの雪道だったのですが、一発で突破できず、3回挑戦してだめだったら諦めて帰ろうと思っていたら2回目でなんとかクリア)、城峰キャンプ場の駐車場に到着。駐車場、登山道には雪は全くありませんでした。神社一帯も山頂も18年前と変わらず。昔と変わらない景色というものはなんかしみじみとする。(2020年2月)

日帰り登山トップ     城峰神社の狛犬     近くの温泉満願の湯