日本橋 にほんばし 日本国道路元標

東京都中央区日本橋1丁目と日本橋室町1丁目を結ぶ、日本橋川に架かる橋。中央通りが通る。慶長8年(1603)徳川家康が征夷大将軍となり、江戸の海岸埋め立て工事や町の整備を始めた頃に創架。五街道の起点となる。明治初期頃までは木橋であった。現在のルネサンス様式のアーチ型石橋は明治44年(1911)に竣工。長さ49m、幅27m。橋の四隅に掲げられている橋名標の「日本橋」「にほんばし」の文字は15台将軍徳川慶喜の揮毫。
グーグル地図

【国指定重要文化財 「日本橋」】 平成11年5月13日指定

構造 形式:
石造二連アーチ橋 高欄付(青銅製照明灯を含む)
附 東京市道路元標 一基

所有者:
国(建設省)←現国土交通省

建設省国道に係る物件で
初めての重要文化財指定
  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
日本橋を通る「中央通り」は、
「日本の道100選」(建設省「道の日」実行委員会)にも
指定されています。

(ちなみに「日本の道100選」は104箇所も選定されています)



















①橋の北側、「日本橋北詰」交差点から見た「日本橋」。橋の下には日本橋川が流れ、橋の上には首都高が通る。

橋の中央に
日本国道路元標と記された
プレートが
埋め込まれています。

まったく同じ複製の道路元標が
橋の北側にあります。


道の真ん中まで行って
道路元標の写真を撮りたかったのですが
危ないし、なんか恥ずかしかったのでヤメタ。
なのでレプリカのほうの写真を。
     ↓







橋の北詰め西側に「元標の広場」があります。
昔は橋の中央に、この東京市道路元標(照明灯型)が立っていました。
(明治22年1889年~昭和18年1943年の間は、現東京23区一帯は東京市でした!)
この東京市道路元標は、当時この橋を通っていた東京市電(都電)の架線柱も兼ねていました。
昭和47年(1972)都電の廃止とともに現在のプレート型に変更。


プレートの文字は
当時の総理大臣
佐藤栄作の揮毫。

(こちらの
道路元標はレプリカ)


首都高にも!

首都高上にあるのは、
元標の広場にある東京市道路元標と同じ形状のものですが、
柱の部分には「道路元標地点」と記されています。


橋の4隅にいる獅子像の下に掲げられている
橋名標の「日本橋」「にほんばし」の文字は、
江戸幕府最後の将軍
徳川慶喜の字です!

ひらがなのほう、「にほんばし」と書いてあるんだろうけど
「にほんむし」に見える。難しいなあ。

かつて
日本橋から東の江戸橋との間の北岸に
魚河岸があり、日本橋魚河岸と呼ばれていた。
魚市場が立ち並び、川には魚を積んだ船が
何艘も集まり、
活気あふれる場所だったようです。

1923年(大正12年)に起きた関東大震災後、
この魚市場は築地に移転、築地市場へと発展。





ここにも獅子がいる ・ᴥ 


そして・・・
東京大空襲で落とされた
焼夷弾による焦げ跡(橋の西側)。
ほかにもあるらしい。
戦禍をくぐりぬいてきた橋でもある。




















⑨  獅子
狛犬ではありません!
阿吽の呼吸をとっています。
手を掛けているのは東京都の紋章。
当時の東京市の守護と威厳を表現したらしい。
街道沿いにはが植えられ、
一里塚には(えのき)が植えられたことから
青銅製の照明灯には松と榎のレリーフが
ほどこされている。

⑩橋の欄干中央に麒麟(きりん)
  と、いわれるが・・・・。
   一見、ドラゴンかと・・・・。
     本来、麒麟に羽は無い。

⑪麒麟かー。ん~~、これ、麒麟じゃないよ~!
 羽を付けなくても良かったのにー。
 なんか付けちゃったんだな~。背中が寂しかったのかな。でも蛇足!!
 和洋折衷で日本らしいのかも知れない。





「花の広場」と名される日本橋南詰め西側のこの場所。
かつて江戸期には高札場がありました。
「生類憐みの令」や「目安箱設置」などの高札も
ここに立ったらしい。

そしてこの場所の向かい側(南詰め東側)には、
罪人の晒場(さらしば)があったらしい。
現在、交番がある前の辺りの広いスペースがそれかなあ?なんか怖い。

トップページ    日帰り登山のページ    立ち寄り湯のページ    狛犬のページ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに大阪の道頓堀川に架かる日本橋は「にっぽんばし」と読みます。江戸の日本橋同様、徳川幕府によって架けられたようです。