日帰り登山へGO! > 群馬県/栃木県の山 > 皇海山 (登山口までの栗原川林道は悪路です!)

皇海山 すかいさん 2143.6m 日本百名山  2等三角点     グーグル地図  国土地理院地図
Pから山頂まで約2時間40分 群馬県沼田市(旧、利根村)/栃木県日光市(旧、足尾町)
正保時代の図面に「サク山」という名で記されている。また、笄(こうがい:婦人の日本髪の髷まげに、横にさすかざり)に似ているところから笄山こうがいやまとも呼ばれた。この「コウガイ」が、「皇開」→「皇海」となり、「皇」が「スメ」と読めるところから、現在の「すかいさん」という山名になったという説があります。そして、当山の南東に庚申山という江戸時代に信仰の山として賑わった山があるが、この山の奥ノ院が皇海山だったらしい。皇海山の山頂はあまり広くなく、周囲は木々に囲まれ展望は殆んどない。
関越自動車道沼田→国道120→吹割温泉センター龍宮の湯」案内板に従い、信号を右に入るが、そのまま龍宮の湯迄は行かず、沼田市利根町振興局を右に見て進むと写真@の「とねしん」が見えてきます。この辺りから皇海山への道標がでてきます。(「キャンプの森」も途中まで道が一緒なので「キャンプの森」案内板も見えたら参考に)→栗原川林道(約20kmの悪路です。道幅狭く、落石・路肩崩壊の恐れアリ。自己責任での通行を促す看板が出ています。災害により通行止めになっていることもあるので役所などに確認を)→皇海橋両側に広いP。W.C.アリ。(林道走行時間は1時間強)

2006.11.風蔦黄


@「とねしん」 が目印。
   
横の道へ入ります。この先、道標を確認しながら進む。

Aここから栗原川林道。
  悪路に突入!(通行止めになっていることもある)

B注意看板!
  事故が起きても
  自己責任。
  覚悟して進む。

 C分岐点。間違えない様に!

D岩盤をくりぬいただけの
    トンネル。先はまだまだ!

E林道からの景色は素晴らしい

F分岐点。間違えない様に!Pまでもう少し!

 Gやっと駐車場。ホッと息が出る。
  (駐車場は広いですが、皇海山はココから登るルート
   が一番短時間で山頂に辿り着くので、休日、紅葉シ
   ーズンなどは早く行かないと満車になってしまう。

Hいざ、出発!皇海橋を渡って左へ。(この先にもPあり)

I閉鎖された林道を進んでいくと
                道標が出てきます。

JPから400m。
  
この先、幾つかの沢を渡ったり、
  沢道を進んだりの登山道です。
  ここから皇海山山頂まで3.2km

K稜線のコル。
  [皇海山/鋸山]の分岐点。
   鋸山が目の前に見えます
        L皇海山!2143.6M
M
山頂からの眺望は殆んどない。
木々の隙間からの展望が主。

登山よりも栗原川林道の方が印象に
残った!日帰りでこの山を登るには、
登山口のある皇海橋まで約20kmもの
狭い悪路を行かなければならない。
落石と路肩崩壊の危険があり、自己
責任で通行しなければならないこの
林道は、未舗装の狭い凸凹道(コブシ
大の石がごろごろしている所もある)
で、坂道あり、所々に水溜りあり、その
水溜りも深さが分からないので、運転
には非常に神経を使う。早朝なら、
まず対向車はないと思いますが、
午前中でも遅い時間だと、もう登山を
終えて林道を下りて来る車もあるので
出会い頭になった場合を考えて車の
待避できる様な場所を確認しながら
運転しよう。距離も長いので、はたして
この道で良いのかと心配になったが
何とか到着。皇海橋Pに着いた時には
ホッとしました。しかし、林道からの景
色(紅葉)はきれいだった。キジ(ヤマ
ドリ)も居た(今回も歩いて逃げて行っ
た。しかも逃げ足が速い!)。帰りの
栗原川林道はオフロードバイクが結
構走っていたので見通しの悪いカー
ブなどは注意しながら走る。助手席
の人は帰りが谷側になるので景色を
満喫できます。さて、山頂からの景色
は木々の隙間からの眺望となり、今
ひとつ。山頂は狭く混雑していた。
稜線のコル辺りと、稜線のコル〜山
頂の間にある南側の開けた辺りが休
憩をとるのに良いです。
登山ルート  往=2時間40分 復=1時間40分 延々と続く
栗原川林道。
なかなか駐車場に
辿り着かない。
少し心細くなったりする。
そんな中で聴く、
インディージョーンズの
サントラ盤は
緊張感を増幅させて
くれること間違いなし!

皇海橋P W.C.アリ 写真G (皇海橋渡った所にもPアリ)
両方とも広いですが紅葉シーズン中・休日など
早く行かないと満車になってしまうことも。
(長い悪路を進んでくる人がこんなにいるとは!)
時間50 400m程進んで沢(写真J)に出てから
稜線のコル下辺りまで
沢沿い、沢道を登っていきます
[皇海山/鋸山]分岐 皇海山と鋸山の鞍部。鋸山側が開ける。 写真K
50 暫く進むと開けた場所に出る。南側が遠望できる。
紅葉がきれいだった。
そこを過ぎると最後の急坂。
皇海山 2143.6m 2等三角点。景色今ひとつ。
木々に囲まれ眺望はその隙間から。
写真L
1時間40 来た道を戻る
皇海橋P 到着! ・・・

日帰り登山トップ     帰りの温泉     山バッジ     隣の庚申山から皇海山を眺める