日帰り登山 > 山梨県の山 > 滝子山 (道証地蔵〜滝子山〜大谷ヶ丸〜コンドウ丸〜大鹿山〜道証地蔵) 周回

滝子山 たきごやま  1620m  2等三角点(1590.3m)  富士山展望良し!
駐車場から滝子山頂まで約2時間45分 山梨県大月市   地図リンク  グーグル地図  国土地理院地図
大菩薩嶺から南へ小金沢山、牛奥ノ雁ヶ腹摺山、黒岳、大蔵高丸、ハマイバ、大谷ヶ丸、滝子山と続く。小金沢連峰の最南端に位置する山。麓から当山を望むと山頂部分が3つの峰から成っているのが見えることから三ツ丸とも呼ばれる。滝子山最高点1620mの東側にある峰上1590.3mに2等三角点がある。山頂北面に鎮西ヶ池があり、かつては雨乞いの行事がなされていた。その池の傍らに鎮西八郎為朝とその妻、白縫姫を祀る祠が立つ。東麓の恵能野では当山を鎮西ヶ山と呼んでいたらしい。
中央自動車道大月→国道20で甲府方面へ→しばらく進んで行くとJR中央本線の高架下を通過→車道左側に「一級河川 大鹿川」の看板が見え、小さな橋を渡ったら(左側に「原入口バス停」がある)スグ右折→再びJR中央本線の高架下をくぐり、出たところを右のほうの道へ入る→そのまま走っていくと、右手に高速道路が平行に走るのが見え、さらに進んで行くと右に高速道路上に架かる橋が見えてくるので、右折してその橋を渡る→しばらく道なりに進み、カーブミラー2個目のもう少し先右側に駐車スペース(待避場所のような所。ロープで車1台分ずつのスペースに区切られている。6台停められます。トイレはありません。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2009.3.菜虫化蝶


@林道右側に駐車スペース。ここに車を停めて、林道を先へ進んで行くと1、2分で道証地蔵
[滝子山/大鹿峠/笹子駅]分岐点。ここから山の中へと入っていきます。登山道はしばらく渓谷沿いの道。

A[滝子山/大鹿山・曲沢峠]の道標を過ぎるとすぐに滝が見えてくる。細くしなやかで長い滝です。
この先、しばらく滝沿いの道となる。なかなかイイ感じの滝が続きます。

この先、もう一つ[滝子山/曲沢峠/笹子駅]への分岐点がを出てきます。そのまま滝子山方面へ進むと、
ブルーシートの簡素な小屋(作業用の小屋かな。もう使われていない様子。)が見えてきます。
先へ進むうちに、だんだんと沢から離れて行き、水の流れる音も聞こえなくなってきます。

B[滝子山/
大谷ヶ丸・湯沢峠/
笹子駅]の分岐点

もう少し先へ進んで
後ろを振り返ると
八ヶ岳、金峰山が
望めます。
今回のルート中、
最初の遠望地点。
C[滝子山・初狩駅/
大谷ヶ丸/笹子駅]
分岐点。

滝子山へ登った帰りは、
ここまで戻り、大谷ヶ丸、
コンドウ丸、大鹿山を回って
下山しました。滝子山だけ
登って下山する場合は
このまま来た道(=笹子駅
方面)へ戻ります。
D鎮西ヶ池
鳥居と祠がある。
池は水たまりの
ような感じで
とても小さい。

道標には
「鎮西ヶ池山頂」
と書かれて
いました。

E滝子山頂手前の分岐点。
滝子山最高点のある西峰と
三角点のある東峰の鞍部にあります。
F滝子山山頂!
西峰
標高1620m

三ツ峠山越しに
富士山が望めます。
他にも
南アルプスの峰々、
八ヶ岳、金峰山、
甲武信ヶ岳などなど
展望範囲は広いです。

山頂は東西に
細長く、狭い。

こちらは滝子山の西峰で、
東峰の方に2等三角点が
あります。
G







滝子山
山頂からの
 展望


写真クリックで
拡大します


拡大された写真を
クリックすると
さらに拡大します
南方面の展望。
富士山を
中心に!
八ヶ岳
金峰山
国師ヶ岳
甲武信岳
雲取山
腹摺山
三頭山
大岳山
など
H





滝子山山頂(西峰)から
一旦、西峰と東峰の鞍部である
[初狩駅/大谷ヶ丸/山頂]の道標が立つ地点(上の写真E
まで戻り、初雁駅方面へ少し登ると東峰の頂に到着。
狭くて、展望も無いですが、
こちらには2等三角点があります。
標高は1590.3mです。

このまま先へ進めば初狩駅のほうへ出ますが、
再び来た道を戻り、今度は大谷ヶ丸を目指しました。

滝子山のそれぞれの峰から、一旦往路を戻る。鎮西ヶ池を過ぎ、その先の分岐点、
[滝子山・初狩駅/大谷ヶ丸/笹子駅]の道標が立つ場所(上の写真C)まで戻ったら、
今度は大谷ヶ丸を目指し歩を進めました。生い繁る木々の合間から周囲の山並みを眺めつつ
適度なアップダウンを2回ほど経ると大谷ヶ丸に到達。滝子山から大谷ヶ丸まで約1時間10分。


I大谷ヶ丸  1643.8m
そこそこの広さをもつ山頂には
5人位が余裕を持って座れるくらいの
大きさの露岩が一つ。
ほとんど木々に囲まれているのですが、
一部分木が途切れていて
南アルプス、八ヶ岳、金峰山が見えます。
 大谷ヶ丸から次はコンドウ丸を目指す。
 道標の指し示す「曲沢峠」方面へ。しばらく急坂下り。
 途中、落ち葉が積もって道が弱冠分りづらい場所もありました。

 Jコンドウ丸  1392m
  広めの山頂は平坦で、山頂標がなければ
  ただの通過点という感じ。
K



[笹子駅/大鹿山/大谷ヶ丸・湯ノ沢峠]道標の立つ地点から、少しだけ大鹿山方面に
行ったところに「曲り沢峠」の道標が立っています。そこに「甲斐大和駅」方面への分岐もあります。
ここから大鹿山へ向かいました。(大鹿山は登らず、ここから道証地蔵へ戻る場合は笹子駅方面へ。約1時間30分)
L


鹿



標高1236.1m
3等三角点があります。

頂は
尾根上の突端
という感じ。
M

鹿
[笹子駅/お坊山/
景徳院/大鹿山]分岐点

笹子駅方面へ
下りていきます。
N




大鹿峠から約40分でコンクリートの車道(林道)に出ます。
あとは、この車道を下りていくと10分ほどで道証地蔵、
その先1分ほどで駐車場です。

登山ルート (P〜滝子山=約2時間45分 滝子山〜大谷ヶ丸〜コンドウ丸〜大鹿山=約2時間35分 大鹿山〜P=約1時間10分)
P (駐車スペース)
↓約1,2分 林道を先へ進む。
道証地蔵  [滝子山/大鹿峠/笹子駅]分岐点(写真@の真ん中)
↓約1時間
[滝子山/曲り沢峠/笹子駅]分岐点
↓約1時間05分 少し進むとモチヶ滝が見えてくる。(写真A)   この先、もう一つ[滝子山/曲り沢峠/笹子駅]分岐点を通過。
[滝子山/大谷ヶ丸・湯沢峠/笹子駅]分岐点(写真B
↓約20分
[滝子山・初狩駅/大谷ヶ丸/笹子駅]分岐点(写真C
↓約5分
鎮西ヶ池 (「鎮西ヶ池山頂」の標識が立っている) 鳥居と祠、小さな池 (写真D
↓約10分
[山頂/初狩駅/鎮西ヶ池・大谷ヶ丸]分岐点 滝子山西峰(滝子山最高点)と滝子山東峰(滝子山三角点峰)の鞍部(写真E
↓約5分
滝子山山頂!(西峰) 1610m 展望良好! (写真F
↓約5分 一旦、西峰と東峰の鞍部(写真Eの地点)まで戻ってから、東峰(初狩駅方面)へ進む。
滝子山(東峰) 1590.3m 2等三角点  展望は良くない。(写真H
↓約15分 往路を鎮西ヶ池の先の分岐点(写真Cの地点)まで戻る。
[滝子山・初狩駅/大谷ヶ丸/笹子駅]分岐点 (写真C
↓約1時間 大谷ヶ丸へ向かう。
大谷ヶ丸山頂 1643.8m 3等三角点 そこそこの広さ 露岩1つ  南アルプス、八ヶ岳、金峰山が見えます。(写真I
↓約35分 道標の指し示す「曲り沢峠」方面へ。しばらく急坂、尾根道を下る。途中、落ち葉で若干道が分かりづらい箇所あり。
コンドウ丸山頂 1392m 木々に囲まれている (写真J
↓約25分 曲り沢峠へ。
曲り沢峠 [笹子駅/大鹿山/甲斐大和駅/大谷ヶ丸・湯ノ沢峠]分岐点 (写真K
↓約20分 大鹿山を目指す。大鹿山へ向かう途中に景徳院への分岐があります。
大鹿山山頂 1236.1m 3等三角点 (写真L
↓約20分 大鹿峠方面へ向かって下りていく。
大鹿峠 [笹子駅/お坊山/景徳院/大鹿山]分岐点 ベンチあり。 (写真M
↓約40分 笹子駅方面へ。
コンクリートの道に出る (写真N
↓約10分 コンクリートの林道を下る。やがて左側に道証地蔵が見えてきます。
道証地蔵 
↓約1分
P (駐車スペース)

日帰り登山トップ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・