日帰り登山へGO! > 群馬県の山 > 牛伏山 (観光)


牛伏山 うしぶせやま 標高490.7m 牛伏山自然公園 展望かなり良いです(視界の利く日)
駐車場から山頂まで3分 群馬県多野郡吉井町   地図リンク グーグル地図  国土地理院地図
牛伏山は西峰の金毘羅山と東峰の一郷山からなり、金毘羅山には金毘羅神社・平和の鐘撞楼・石像臥牛、一郷山の城址には展望台を備えた天守閣などがあります。山名の由来は、山体が牛の伏せた様に似ている事から。天守閣の展望台からは360度の眺望を楽しめます。上毛三山を始め、視界の利く日には筑波山なども望めます。日帰りドライブに最適!
上信越自動車道吉井→地方道41→牛伏山自然公園への案内標識がでてきます→天守閣(展望台)にP山上駐車場

(赤城山の写真はE)   2006.

@
高速道路を出て少し行った所を右折。
案内標識に従って車を走らせてゆくと山の上に天守閣が見えてきます。

A
天守閣(展望台)の横に広いPがあります。
上って景色を楽しめます。視界の良い日は抜群の眺望!

B向う側が西峰で、山頂三角点はあちらに。     C妙義山と浅間山(天守閣から望む)

D榛名山を遠望!(天守閣から望む)           E赤城山アップ!(天守閣から望む)

F車で西峰に移動(小さいPあります)  G琴平神社(金毘羅神社)  H神社の向かいに鐘堂
  東峰の天守閣を望む         神社の裏のアンテナ塔の裏に3等三角点
     鐘撞けます

山上、開門時間:9時    閉門時間:3〜10月は17時  /  11〜2月は16時

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



武尊山に登ろうと思っていたが、天気予報では曇り夕方から雨と言う事だったので、最近たまたま知った「日本三古碑」なる物の二つが関東にあるというので、とりあえず群馬県の「多胡碑」(「多胡群羊大夫碑」)を見に行ってみようと思い立ちました。次いで雨も降りそうにないので牛伏山に登りました。(登ったといってもほぼ山頂迄、車で行けるので登山とは言えませんが・・・・・。上の牛伏山の写真は視界の利く冬に再訪した時の写真を更新したものです。



多胡碑 たごひ 日本三古碑国指定特別史跡  群馬県多野郡吉井町大字池小字御門 グーグル地図
日本三古碑:日本で最も古い碑いしぶみ三種。他の二種は「那須国造碑」(なすのくにみやつこひ・栃木県)と「多賀城碑」(たがじょうひ・宮城県)

2006.6.

写真撮影禁止だったので説明看板・・
多胡碑とは?
【碑身
高さ127cm 上部幅60cm 下部幅65cm 厚さ50cm

【笠石】
中央部高さ25cm 端部15cm 幅90cm 厚さ90cm

【台石】
消失の為詳細不明

昭和29年(1954)、国指定特別史跡に指定される
和銅4年(711年)に奈良朝廷「多胡郡」を設置したことを記す石碑で『続日本紀』和銅4年3月6日条に記されている事ともほぼ一致しています。
碑身・笠石・台石からなり、碑文は和漢混淆文6行80字で、太政官から出された命令文をもとに多胡郡が置かれた経緯を記した内容となっています。
古来より金石文の代表とされ、特に書体の格調の高さが、中国清朝時代の「楊守敬」の知るところとなり、中国楷書大辞典『楷法溯源(かいほうそげん)』に碑文中より39字が採択されています。
日本三古碑の一つ。書に興味のある人は必見。味わいのある字体です。隣に多胡碑記念館(¥200)があります。 〜2006年時〜

隣の高崎市山名町にある、2つの古碑(多胡碑と合わせて「上毛三碑」とよばれる)。ついでに見てきました

山の上碑 やまのうえひ 国指定特別史跡  グーグル地図
【所在地】
群馬県高崎市山名町字山神谷2104

【形状】
高さ102cm 幅47cm 厚さ52cm  4行53字が楷書体で丸彫りされている

【内容】
息子(僧の長利)が母親(黒売刀自)を顕彰した碑。(681年)

隣りにある古墳は石室の中に入ろうと思えば入れる状態!入っていいのかなあ?不気味だったから入らなかったけど・・・。 2006年6月

金井沢碑 かないざわひ 国指定特別史跡 グーグル地図
【所在地】
群馬県高崎市山名町字金井沢2334

【形状】
高さ110cm 幅70cm 厚さ65cm

【内容】
神亀3年(726年)に先祖供養のために石碑を建てる。

山の上碑・金井沢碑は撮影禁止の表示がなかったので写真撮りました。多胡碑は撮影禁止でした。

日帰り登山トップ >>     近くの温泉、牛伏の湯 >>