日帰り登山 > 埼玉県の山 > 二子山(小鹿野町)

二子山 ふたごやま 1165.8m  両神山が目の前に!      地図リンク  グーグル地図 ・ 国土地理院の地図
鞍部(股峠)から山頂三角点のある西岳まで約50分 埼玉県秩父郡小鹿野町/群馬県多野郡中里村
小鹿野町西端に位置する。両神山の北方約5kmのところにある岩峰。山名の如く東岳(1126.2m)と西岳(1165.6m)の2峰が相並んでそびえる。古生代石灰岩からなり両峰とも山頂部は険しい。西岳山頂に3等三角点。岸壁と展望の良さで人気のある山。4月29日山開き。秩父にはもう一つ、当山と同名の山が横瀬町にもある。
[秩父市から〜]国道299を小鹿野町方面へ30km位進む右に民宿「登人」が見えたら、その先右折して林道(西秩父線)へ入る(この辺りにバイオトイレあり)→二子山トンネルを抜ける(所々に小石が崩れ落ちているので注意)道沿い左側に登山口が見えてくる。そのスグ先、右側にP(10台分位)

EFH〜Oの写真はクリックで拡大                                2007年3月 櫻始開


 @登山口は林道沿いにあります。     A股峠。[東岳/西岳/坂本/倉尾]分岐(東岳と  B急坂を登っていきます。
       Pはすぐそばです。          西岳の鞍部です)。まずは東岳へと進む。    (道中から見た東岳)

   C急坂の次は鎖場・断崖絶壁。慎重に!         D二子山の東岳頂上!1126.2m
        滑落したらまずは重症以上です!         南側の眺望Good!北側の眺望は木々の隙間から







E


西



写真クリックで
拡大します


(東岳頂からの展望)

F南方、目の前には
両神山がドーンと大きく
立ちはだかる!

(このほか、
展望範囲広い)
G
股峠(東岳と西岳の鞍部)
まで
来た道を戻り、
そこから
今度は西岳の方
へ進みま
す。少し進むと
西岳山頂へ
のルートが
上級者コースと

そうでないコースの
2つの
ルートに
分かれます。

上級者コースではない
コースも危険が無い
訳では
ありません。
初心者でなく
とも
注意は怠らず!

H西岳山頂手前
の峰から東岳を
望む

I西岳山頂を
望む!
(西岳頂手前の峰から
写真HI
クリックで
拡大します
J





西










8
m








G
o
o
d

K西岳山頂の更に
西にも岩峰があり、
そちらから下山。

西岳から更に西へ
  進んで下りるルートは
 険しいので、危険を
感じたら股峠まで
  来た道を戻りましょう。
眺望は西岳からも
充分楽しめます。

写真K
クリックで
拡大します
L















M
西




西





















岩場の急坂を下る。

N西岳の中腹(崖下)まで    Q正面に東岳が見えてきた!股峠(東岳と西岳の鞍部)までもう少し!
 下りたら、崖を左手に        (ロッククライミングをしている人が居た)     股峠の南側辺りにカタクリの花
  見ながら進む。



















登山ルート
P(10台分位の駐車スペースは谷側にあります。登山口は道路挟んで反対側の山側、スグそばにあります。)

股峠(二子山の東岳と西岳の鞍部) 写真A
40分 急坂を上って行くとやがて鎖場・崖。転落注意! 写真BC
二子山東岳山頂! 1126.2m 山頂は狭い。南側を中心にだいたい200度位の範囲の眺望。両神山は目の前!
  北側は木々の合間から。 写真
DEF
30分 注意しながら来た道を股峠まで戻る
股峠
50分 今度は西岳方面へ。少し進むと上級者コースとそうでないコースと2ルートの分岐。写真G
二子山西岳山頂! 1165.8m  3等三角点 360度の眺望! こちらも両神山は目の前! 
山頂は東岳より少しだけ広い。 写真JKL
20
西岳の更に西にある岩峰 写真N
50分 崖を下ったあとは、西岳の岩壁を左手に見ながら東へ進む。 写真PQ
股峠に戻ってきた!

Pに到着!

二子山東岳と西岳の鞍部にあたる股峠直下の駐車場から登れば短時間でそれぞれの山頂まで辿り着けるのですが、両峰とも山頂部は切り立った岩峰・崖で気が抜けない!体力的にはラクなのですが、ちょっと滑っただけでも大事故に繋がりかねないので注意。緊張感を持って登れば楽しい険しさです。山頂からの景色は良いです。なお、武甲山の隣、横瀬町にも同名の「二子山」があります。

日帰り登山トップ     隣の山、両神山     横瀬町の二子山

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・