日帰り登山 > 千葉県の山 > 伊予ヶ岳

伊予ヶ岳 いよがたけ 336.3m   2等三角点      低山だが迫力ある山頂!
駐車場から頂上まで約40分 千葉県南房総市(富山町)      地図リンク グーグル地図  国土地理院の地図
安房妙義の異名もある。山上部は北峰と南峰に分かれ、南峰は鋭峰。両峰ともに展望が良い。山頂三角点は北峰に2等三角点が設置される。西南西に富山が対峙する。「伊予ヶ岳」という山名の由来は阿波斎部氏のふるさと四国の最高峰、石槌山(別名「伊予の大岳」)からきている。南麓に平群(へぐり)郷天神社(別名:梅のみ神社)があり、菅原道真を祀る。富山、御殿山とともに富山三山の一つ。視界の利く日には箱根の山々、富士山、丹沢山塊などが望める。
富津館山自動車道鋸南富山→料金所を出たところの信号はそのまま直進。→道の駅「富楽里とみやま」の手前の信号を左折し、県道89に入る。しばらく進み、左手に学校(平群小学校)のグラウンドが見えてきたら、「平久里中」信号にあたります。この信号を左折すると左側に鳥居があり(下写真@)、ここを入っていくと平群天神社に駐車場があります。(駐車場はそこそこ広い。トイレあり。)


@







運行数はとても少ないですが、
バス停(「天神郷」)もあります。
(市営路線バス・富山線)


平群(へぐり)という地名は
『続日本記』養老二年(718)に「平群郡」で初見し、
『和名類聚抄』安房国にも見える古くからの地名。
「平群朝臣」一族が往来した土地といわれる。
奈良県生駒郡にも同名の地が残る。
A





境内の左横の車道を進んでいくとすぐに登山道となります。約25分で東屋のある展望台に着きます。
B

東屋を過ぎると
この先ちょっと険しくなります。

(この地点に
嶺岡中央林道への分岐あり)
C

結構、急です。


東屋から伊予ヶ岳南峰まで
約10分。


下山時も要注意です!
D











山頂狭いが眺望良し!360度の展望が開けます。     テーブル、ベンチ、展望図あり。
E
南峰の突端から富山を望む!

そびえ立つ岩峰で、突端は一人しか立てない狭さです。
この下は絶壁となっています!

スリル満点!
伊予ヶ岳南峰からのパノラマ展望!
写真クリックで拡大します    拡大された写真をクリックするとさらに拡大

次いで北峰に向かう!北峰との鞍部まで一旦下ったあと登り返します。山頂付近ちょっと急坂。

F








南峰から約5分。

平坦で狭い山頂です。
こちらに2等三角点があります。
展望は、南峰同様にGood!
G




















2013.2.改訂


登山ルート

P(平群天神社)→25分→東屋・展望台→10分(途中鎖場アリ)伊予ヶ岳→5分→伊予ヶ岳30分(来た道を戻る)P(平群天神社)


2月というのにポカポカ陽気で暖かい!そのせいもあって少しガスっていたので、景色の遠望は出来ませんでしたがTシャツ1枚でもちょうど良いくらいの気候で、一足先に春を感じた登山でした。2004.2.魚上氷

9年前とほぼ同じ日に再訪!前回はホントに暖かかった記憶があるのですが、今回は北風が吹いて寒かったなあ!2013.2.魚上氷


日帰り登山トップ     山バッジありませんでしたがスタンプ発見!     平群天神社の狛犬

隣の山 富山(「南総里見八犬伝」の舞台) ・ 御殿山(伊予ヶ岳の全貌写真あり。パノラマ写真を参照。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・