日帰り登山 > 神奈川県の山 > 金時山 {公時神社〜金時山〜長尾山〜乙女峠〜公時神社 (周回)}

金時山 きんときやま 1212.4m   300名山     地図リンク  グーグル地図   国土地理院地図
Pから頂上まで約1時間20分 神奈川県足柄下郡箱根町/南足柄市/静岡県駿東郡小山町
箱根火山の外輪山北部に位置する。古期外輪山の母体となる成層火山の活動期に生じた側火山で、外輪山のうちでは最高峰。山名の由来は、源頼光の四天王の一人、坂田公時が住んでいたことから公時山と呼ばれ、のちに金時山と記されるようになった。山体が猪の鼻に似ていることから猪鼻ヶ嶽(いのはながたけ)とも呼ばれ、江戸時代はこの呼び名が一般に使われたが、公時や金時の名称も混用されていた。明治時代に入り、小学校教科書に「金太郎」の話が登場してから、山名も金時山に定着したという。かつては山頂に猪鼻権現の小祠があった。山麓の公時神社は坂田公時を祀ったもの。日本山岳会選定の日本三百名山に選ばれている。
乙女峠:箱根古期外輪山上にあり、北の長尾山と南の丸岳の鞍部。昔、小田原藩が仙石原に関所を設け、一般の通行を制限した為、御留峠(おとめとうげ)と呼ばれていた。それが乙女峠に転化したという。
[最短時間]首都高速→東名高速道路御殿場→国道138→公時神社P(トイレあり)  片¥3200
[他]首都高速→東名高速道路厚木-小田原厚木道路箱根口→国道→国道138→公時神社P  片¥2650
[他]第三京浜道路-横浜新道-国道-新湘南バイパス茅ヶ崎海岸→国道134-西湘バイパス箱根口→国道→国道138→公時神社P  片道¥1300


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
公時神社から登る!
@駐車場に案内板があります
A公時神社。坂田公時を祀る。

公時神社林道を横切る
公時宿り石公時神社分岐
金時山、山頂!
  というルートです。



B金時山山頂! 標高1212.4m
  金時茶屋と金太郎茶屋があります。
  山バッジはここで購入。
  山頂は岩場ですが食事をする
  スペースはたくさんあります。
  富士山を目の前にしながらの
  メシはウマい!


C頂上からは大迫力の富士山が!
  ドコモ・ボーダフォンは通話可でした。

 ↓D箱根山を望む

E乙女峠へ向かう

F長尾山山頂

G乙女峠のお地蔵さん

H乙女峠には茶店もあります

I仙石原方面へ下りる












金時神社以外の登山道口
乙女トンネルから

乙女トンネルの御殿場側付近に登山口。
Pスペースは小。金時山頂まで約1時間半
     ↓足柄峠から

 足柄峠からの登山口。御殿場大井線(78)で足柄峠へ。そこから林道に入
 って終点まで行くとPスペース。Pスペースから頂上迄1時間ちょっとです。

金時山は富士山が目の前に見えて気持ちが良いのですが、やはり冬の方が景色の良い確率は高い!この山は、初心者をつれてゆくとだいたいみんな喜んでくれます。「だいたい」というのは、天気の芳しくない日(雲が多かったり、晴れていてもガスって富士山が見えない日など)に当たってしまった人は、ちょっとがっかりした感じになりますので。しかし、そんな日に当たってしまった人でも、帰りに「天山」に寄ると、今日は良かった!と言う感じになってくれます。(※最近は「天山」、平日の夕方からでも結構、混んでいるらしいので注意。混んでいると、こちらでもがっかりされてしまいかねません。Good Luck!)

下山後の温泉は雲遊天山 (平日がイイ。駐車場が混雑している時は他の温泉に行った方が良いかも。)

日帰り登山トップ  富士山の見えた山  近くの山箱根山/矢倉岳/明神ヶ岳(金時山全貌写真あり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・