日帰り登山へGO! > 埼玉県 > 堂平山と笠山 (駐車場から堂平山を経て笠山) 往復



堂平山どうだいらさん875.9m  笠山かさやま837m  比企三山  堂平山に1等三角点
  駐車場から笠山まで約1時間      グーグル地図     国土地理院地図
[堂平山]埼玉県ときがわ町(旧都幾川村)/東秩父村/小川町   [笠山]東秩父村/小川町 
堂平山:古く慈光寺の奥院が山頂にあったことから山名の由来となったと伝えられる。山頂には1等三角点、天測点があり、昭和37年に開設された「東京大学東京天文台堂平観測所」が現在は「星と緑の創造センター」として利用されている(天文台に泊まれます。ログハウス・モンゴルテントなどキャンプ施設もあり、ハイキングと夜景が楽しめます。)
笠山
:山容が笠の形に似ているのが山名の由来。古くは乳首山とも呼ばれていたらしい。山頂は双耳峰をなし、樹林に覆われた東峰には嵐除けの笠山神社があり、少し低い西峰は北方面に約120度展望が開ける。東側山腹の籠岩に県指定天然記念物のヒカリゴケが自生している。
堂平山、笠山、大霧山で比企三山と呼ばれています。
国道299→奥武蔵グリーンラインを通って刈場坂峠大野峠白石峠堂平山方面へ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真AHIJKはクリックで拡大します  (赤城山の写真はEJ

@堂平山
標高875.9m。
広い山頂には
天文台と
1等三角点・
第17号天測点
があります。
 A山頂から
 東側を望むと、
 関東平野を
 見下ろせます!
 遠くに見える
 ビル群は
 都心だろうか?

     
 写真クリックで拡大

B堂平山北側少し下りるとパラグライダー飛行練習場。ここからの景色は抜群!

C両神山方面(西側)を望む!秩父市街も望めます。

D浅間山もばっちり見えました。(北西方面)

Eこれから登る笠山の奥には赤城山が!(北側)

Fパラグライダー飛行練習場の奥を暫く下ると
  車道にでます。

 G笠山西
   狭いですが、北西〜北〜北東の眺望◎!
 笠山西峰からの展望
 ↓H〜K写真はクリックすると拡大します↓

H榛名山、全貌!奥には雪をかぶった信州の山々。

I子持山方面。奥には谷川岳、苗場山が見えます。

J赤城山まで、ず〜っと街並みが見渡せます!

K日光白根山男体山!こちらも眼下に街並み。

L笠山西峰から3〜4分で隣の東峰
  笠山神社が鎮座する。

M東峰は木々に囲まれ眺望はその隙間から。
  堂平山の天文台が見えた。

登山ルート
P[白石峠から堂平山に向かって車を進めると見晴らしの良い広いPに出ます。谷側がパラグライダーの飛行練習場となっているので邪魔にならないよう、駐車は山側の奥の方に停めるのが無難です。※このPを通過して車道を更に進むと「星と緑の創造センター(天文台)」のPがありますが、ここはこの施設の利用者用です。]
 ↓ 15分 車道を進む
堂平山、! 875.9m (天文台の柵外に1等三角点と天測点) 写真@A
 ↓ 2分
パラグライダー飛行練習場の上 (景色良いです) 写真B〜E
 ↓ 20分 パラグライダー飛行練習場の奥を周って樹間を下る
車道 写真F
 ↓ 25分 車道を横切りガードレールの横を入って行く。道標に従って進む。山頂手前は急坂が続く。
笠山、西峰!(視界が利けばイ〜眺めです。広いとは言えないが平坦な頂。) 写真G〜K
 ↓ 3〜4分
笠山、東峰!(笠山神社が鎮座。石碑、石祠などもある。眺望は木々の隙間から覗ける程度) 写真LM
 ↓ 1時間強 来た道を戻る
 P

2006.11.地始氷

日帰り登山トップ     隣の山、大霧山(比企三山の一つ) ・ 丸山   登山バッジは無かった。

ときがわ町堂平天文台のホームページ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・