こまいぬ 狛犬 komainu  東京の狛犬パート お江戸の狛犬・ᴥ 


上から順に、富岡八幡宮 ・ 神田大明神 ・ 靖国神社 ・ 湯島神社 ・ 王子神社 ・ 愛宕神社 ・ 上野東照宮 ・ 花園稲荷神社 ・ 五条天神社

番外として、神田大明神の狐 ・ 日枝神社の猿 ・ 湯島神社の牛 ・ 日本橋の獅子と麒麟

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






左の2体は社殿前の狛犬で享保十二年製。右2体は境内の稲荷神社前に居ます。こちらは
宝暦十三年製。右の「阿」形の方は、目が飛び出るほど驚いたという感じが表れている。
もしかしたら、「しまった!!」という時の顔かもしれない。みんないい顔してます。
富岡八幡宮境内には他にも2対くらい居たような気がする
     グーグル地図リンク





神田大明神の狛犬は

筋肉隆々

鍛えぬかれた闘犬のような体つき。
阿形の狛犬の頭には角っぽいものが
あるけど多分、毛だと思います。

グーグル地図




端正
な感じのする狛犬。
吽形の方はちゃんと頭に角が生えている!
形式通りの狛犬だ。

昭和三十一年(1956)奉納。

グーグル地図




猫背な狛犬。
吽形には角は無い。阿形・吽形、両方とも獅子タイプ。

平成九年(1997)奉納。意外に新しい。グーグル地図




吽形の狛犬は子獅子を踏みつけ、阿形の方は鞠で遊んでいる!

昭和五十一年奉納

グーグル地図




港区の愛宕山山頂にある愛宕神社。
山の周囲は高いビルに囲まれ、完全に山の面目丸つぶれ。
山頂へ登る男坂の長い階段だけが唯一、山であることを主張している。
狛犬は、その男坂の下に居ます。
なかなか立派な御容姿です。





ボディービルダー
じゃないんだから・・・。


胸の筋肉つきすぎでしょ。
勇ましいんですけどね。

上野恩賜公園内の上野東照宮の狛犬でした。






上野恩賜公園内の花園稲荷神社の狛犬です。
神社へ向かう、ずら~っと並ぶ赤い鳥居の前に居ました。
(社殿の前に居たのは狐でした)

宝暦3年(1753年)奉納





上野恩賜公園内、
医薬祖神五条天神社の狛犬。

勇ましいですね。
同じく五条天神社の狛犬です!



摺鉢山(上野山)の
ページ参照


狛犬じゃない・・・・・・ 番外 ・・・・・・狐とか猿とか牛とか獅子とか麒麟!





神田大明神の境内にある、稲荷神社の狐。
全体的に稲荷神社の狐は、狛犬と違い、デザインが単純で皆、似たような容姿ですが、ココの狐はカッコイイ!






擬人化した

千代田区永田町にある日枝神社。
大田道灌が川越の日枝神社より勧請した神社なのですが川越の日枝神社よりも、こちらの方が大きくて立派な神社です。
川越のほうは狛犬もサルもいないし、地味な神社でした。山王、日吉、日枝神社は猿が神使となっていますが、由来は何だろう?初めて見た時、秀吉が祭られているのかと思ってしまった。 グーグル地図

湯島神社
菅原道真を祀っている神社は牛が居ることが多い。
その理由は菅公のご遺骸をお運びしていた途中、車を引く牛が座りこんで動かなくなり、やむなくその場所にあった安楽寺に埋葬したのが大宰府天満宮の発祥の地となったという伝説や、生まれが乙丑年、丑月、丑日、丑刻だったという伝説などからきているらしいです。



一見、狛犬に見えますが、獅子です!
中央区日本橋にある日本橋(にほんばし)です!

国指定重要文化財にも指定されている「日本橋」。明治44年(1911)に竣工されたルネサンス様式2連アーチ型石橋で、橋の両側、欄干の4隅に居ます。ちゃんと左右で阿吽の呼吸をとっています。足をのせているのは、東京都の紋章。
東京の守護 と 威厳 を表しているという。



 麒麟 きりん   Dragon
同じく日本橋。橋の両側の欄干中央に、北向き2体・南向き2体。この麒麟も左右で阿吽の呼吸をとっています。東京の繁栄を表しているらしい。
調べてみると、麒麟は古代中国の想像上の霊獣で瑞獣。殺生をしない仁獣ともされ、聖人が世に出る前兆として現れるめでたい獣です。1角獣で体は鹿、尾は牛、足は馬、色は五彩で腹下は黄色、麒が雄で麟が雌、等あるのですが、羽があるという記述はどこにも無い。ということは、この霊獣はなにか?一見、西洋のドラゴンっぽいが、尻尾がドラゴンじゃない。首から上は明らかに東洋の龍だ。羽は西洋のドラゴン。カッコイイんですけどね。麒麟、龍、ドラゴン、ペガサス、ユニコーンを参考にして創造したっぽい。
  ちなみに「麒麟」という漢字の左側の偏は「鹿」ですが、駿馬・名馬の類を表すときの「きりん」は、左側の偏が「馬」で、「騏驎」と書きます。 

狛犬トップページへ    東京の狛犬パートⅠ    「日本橋」のページへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・