日帰り登山へGO! > 東京都 奥多摩の山 > 鷹ノ巣山(東日原から奥多摩三大急登の一つといわれる稲村岩尾根で登る。

鷹ノ巣山 たかのすやま   標高1736.6m   2等三角点  (稲村岩も登る)
東京都西多摩郡奥多摩町      国土地理院地図リンク   グーグル地図リンク
東日原の駐車場から山頂まで約3時間30分
鷹ノ巣山:東京都の西部、西多摩郡奥多摩町西部、JR青梅線奥多摩駅の西北西約8kmに座す。東京都の西端にあり東京都の最高峰である雲取山から東南東の奥多摩駅方面へと延びる石尾根上の中間にある山。秩父多摩甲斐国立公園に属す。鷹ノ巣山頂から北東へ派生する稲村岩尾根は奥多摩三大急登の一つに数えられている。
稲村岩:鷹ノ巣山頂から北東へ派生する稲村岩尾根の東端、日原川の西に位置する石灰岩の岩山。山頂に稲村神社の小祠が祀られている。山名の由来は、山の形が稲叢(=いなむら。稲を刈り取り脱穀したあとのワラを束ねて積みあげたもの)に似ていることから。
青梅街道→[日原鍾乳洞入口]信号を右折→しばらく進むと山間の狭い道となります。日原トンネル(全長1107m)を抜けたあと、約400m進むと左側に駐車場。(有料:1日1回1台につき¥500)(写真①⑲参照)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2017.4.鴻雁北





駐車場の入口に
小屋が建っているのが目印。

この小屋の正面(内側)に
駐車料金の
投入口があります。
(1日1回1台につき¥500)
(下写真⑲も参照)







駐車場から1、2分のところに東日原バス停。

ここにトイレがあります。






東日原バス停から先へ、ほどないところに
中日原バス停。
さらにもう少し進むと左側に登山口が見えてきます。







ここから
コンクリートの階段を下りて
登山道に入ります。

(駐車場からここまで約10分)







正面に稲村岩、登山道の左側は渓谷で、
谷底を日原川が流れています。
渓谷の下の方に架かっている巳ノ戸橋まで下り道。

(登山口から巳の戸橋まで約5分)











巳の戸橋から先は登り道。急な坂をジグザグに登っていくと15分ほどで堰の上に出ます。


⑦堰の上に出る

⑧しばらく沢沿いの道です。≋≋≋
そのあと沢から離れ、山の斜面を登っていくと
稲村岩/鷹ノ巣山の分岐(稲村岩のコル)に出ます。






稲村岩との分岐です。
ここから鷹ノ巣山へ向けて
尾根道(稲村岩尾根)を
登っていきます。
奥多摩三大急登の一つに
数えられるルート!
登り坂が続きます!

(巳ノ戸橋からここまで約45分)

道中にあった標石。
東京都の紋章が刻まれた反対側の面には
「五七」とと刻まれていました。
も少し登ったところには「五六」の標石も
ありました。なんだろう?
 
道中に発見!
ひと一人がすっぽりと入りそうな木。
雨が降ってきたら雨宿りできるな。










「ヒルメシクイノタワ」あまりにも直球すぎる名称。しかも全部カタカナ!
山頂手前にある
ヒルメシクイノタワ。
標高1562m

(稲村岩のコルから約2時間)

ここで昼飯にする人は
多いのかなと思いつつ、
そのまま通過。
山頂までもう一ふんばり!

山頂が見えてきた!

(ヒルメシクイノタワから山頂まで最後の急坂)








標高1736.6m
2等三角点

南面が開けた広い山頂!
好展望!

[石尾根縦走路(六ツ石山・奥多摩駅)
/石尾根縦走路(七ツ石山・雲取山)
/稲村岩尾根(稲村岩・日原)]道標

(ヒルメシクイノタワから山頂まで約35分)
鷹ノ巣山山頂からの展望!
奥多摩の山々~富士山方面~大菩薩連嶺
写真クリックで拡大拡大された写真をもう一度クリックするとさらに拡大

鷹ノ巣山山頂からの展望! 
遠くに南アルプス。木々の隙間から雲取山方面。
写真クリックで拡大拡大された写真をもう一度クリックするとさらに拡大

山頂からの展望を充分に楽しんでから下山。往路を戻りました。



稲村岩のコル
まで下りて来ました。
(稲村岩尾根を下りて来たところと稲村岩との鞍部)
([稲村岩/鷹ノ巣山/日原]分岐)
(上の写真⑨の地点)

(鷹ノ巣山頂からここまで約1時間40分)

日原へ戻る前に稲村岩に寄りました。
   ↓

稲村岩のコルから岩場を登っていきます。
途中、足場の悪い切り立つ岩の上を通過したり、
山頂直下からは崖を登るような感じになります。
事故も起きているので、
道標には不用意に立ち入ることを禁じる旨のことが
書かれています。

稲村岩に登るときは慎重に!

稲村岩の頂上! 石灰岩の岩峰で、狭い山頂には尖った岩が立っています。 (稲村岩のコルから約15分)

尖った岩の後ろへ廻ったところに
ひっそりと小さな祠が祀られています。
稲村神社だそうです。

頂からの展望

日原の集落を
俯瞰できます。
駐車場も見えました。
登山ルート
行き(3時間30分) 返り(2時間35分+30分)
駐車場
↓約10分 ↑約10分
登山口
↓約05分 ↑約10分
巳ノ戸橋
↓約45分 ↑約35分
稲村岩のコル ⇄約15分(往復約30分) 稲村岩頂上
↓約2時間 ↑約1時間20分
ヒルメシクイノタワ
↓約30分 ↑約20分
鷹ノ巣山山頂
 ○

奥多摩三大急登の一つに数えられている稲村岩尾根ルートでの鷹ノ巣山登山。翌々日に筋肉痛がくるのだろうなと思っていましたが、なんと翌日にきた~っ!それほどの急登だったのか!それとも、わたくしがまだまだ若者同等に体力があるのかと喜んでいたのですが、筋肉痛について調べてみると、どうやら年のせいでもないらしい。という説がありました。普段の運動量がかかわっているらしいです。そういえばちょこちょこ山に登っているときは筋肉痛が全くでなかったり、すぐ翌日にでたり。数ヶ月ぶりに山に登ったときなどは、翌々日から筋肉痛がでていたような・・・。どちらにしても、わたくしは筋肉痛が嫌いではない!筋肉痛になるとやっぱり痛いし、ぎこちない動きになってしまうのですが、痛気持ちイイ感じがして案外好きです。2、3日もすれば痛みは消えるし、筋肉痛が終わった後はパワーアップした気分になる! (2017年4月)

日帰り登山のページ   近くの山⇒雲取山川苔山本仁田山御岳山大岳山日の出山

登山後の温泉⇒ 奥多摩温泉 もえぎの湯 【外部リンク】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・