こまいぬ 狛犬 komainu  栃木県の狛犬   下野(しもつけ)の国








二角獣!!
日光東照宮の隣、二荒山神社本宮内に居る狛犬。
吽形には、なんと、2本の角が!珍しい!
普通、狛犬は拝殿を背にして顔を参道入り口の方に向けて
いるのですが、この狛犬は賽銭箱の奥(拝殿内)に居て、
その内奥、神様が祀られている方に顔を向けていた?なんでだろう。
ブロンズ製か?鉄製か?とにかく金属製です。
那須与一が屋島の戦い(平家物語)で扇の的を射る時に
祈念した神の一つ、「日光権現」とはこの二荒山神社の神様です!







 勇猛果敢
日光男体山(二荒山)の麓にある、
二荒山神社中宮祠に居る狛犬。
[左写真上の一対]
大地をしっかりと掴んだ感じの前足が、力強くてイイ。
獅子タイプ。神社には七福神も所々に居ました。
昭和四十七年(1972)奉納

[左写真下の一対]
この狛犬は神社拝殿の右奥へ入った所にある
登拝門(男体山頂奥宮への登拝口にある門)の前に
居ます。背筋をシャンと伸ばし胸を張っていて
姿勢が良かった。礼儀正しい感じの狛犬でした。獅子タイプ。
昭和四十三年(1968)奉納
[参考]二荒山(日光男体山)開山祭り(山開き)は
                     5月5日、閉山祭りは10月25日です。




おしゃれ〜
那須町の那須岳(日本百名山)の登山道途中に居ます。
手前に鳥居があるのですが、神社名が記されておらず、
たぶん茶臼岳頂上に那須岳神社と書かれた石祠があるので、
その狛犬かな?左に「阿」形、右に「吽」形が置かれています。
狛犬像の身体の向きからすると、
左右の配置を間違えて置かれているかもしれない。





歴史にも登場する那須温泉神社の狛犬。
大正8年(1919)奉納。

那須温泉神社
延喜式神明帳にも記されている歴史の古い神社で、
源平合戦「屋島の戦い」で那須与一が矢を射る時に祈願したことで
有名。松尾芭蕉も「奥の細道」をたどる途中、温泉神社に参詣、
那須与一奉納の鏑矢などの宝物を拝観、殺生石見物などが
曽良の随行日記に載っている。近くに「鹿の湯」、「殺生石」。




 ↑顔がでかいほぼ二頭身の体形だ!   「阿」形の狛犬、ここまで大きく口を開けている狛犬はそう居ません。
   (こちらの神社は2組の狛犬が居ます)       あごが外れて元に戻らない感じです。昭和十一年製






   「吽」形の狛犬は
 出っ歯!?

那須塩原の新湯にある温泉神社の狛犬。
神社は「中の湯」の先を進んだ所にある
長い階段を上って行くとあります。
「吽」形狛犬には角アリ。「阿」形は苔に覆われ、
表情が分かりにくいです。
年代不詳。




厚いくちびる

くちびるおばけのQ太郎みたい。
しかも、鼻が、その唇の上にのっかっている!

昭和九年(1934)奉納
鷲 子 山 上 神 社

鷲子山頂、栃木県馬頭町と茨城県常陸大宮市の県境にある鷲子山上神社
左の1対はその参道両脇に居る狛犬で昭和三十二年と刻まれていました。
右の1対は拝殿の裏に居ました。社殿の横から中を覗いてみるとガラス越しに
発見できます。横顔から察すると正面からの顔はきっと楽しい顔に違いない!
「吽」形の狛犬には角らしき物が見えました。こちらの狛犬は年代分からず。
(山頂の神社拝殿前の、普通なら狛犬が居る場所に一対のフクロウが立っていました。狛ふくろう?)



栃木県の氏家にある神社。
「阿」形・「吽」形の両方に児獅子が居る。
4人家族だ。


・明治四十四年奉納








宇都宮市内にある二荒山神社。
日光市の二荒山神社とは読みが違う。
こちらは「ふたあらやま」と読み、
日光市の方は「ふたらさん」です。
この狛犬は拝殿の裏、木塀に囲まれた中に居ました。
そんな訳で顔がよく見えません。神社の魔除けが
職務の狛犬ですがボールで遊んでいます!

年代不詳  たぶん鉄製







  優しい顔

宇都宮二荒山神社内にある神社。
比較的に新しい狛犬で、ウケをねらって作られた
としか思えません。そのねらいは見事適中!

昭和59年奉納


宇都宮で見つけた
雷神社の狛犬。
「阿」形の狛犬の子供が
かわいらしい。
ボールに咬みついている。

昭和三十五年奉納






「猿の惑星」猿みたいだ!

宇都宮福岡町にある神社にいた。
写真左の狛犬の牙に見えるものの正体は
ミノムシです。
両方とも口が半開きで、下唇が上唇よりも出ている。

・年代不詳



宇都宮にある蒲生神社
林子平、高山彦九郎と共に
寛政の三奇人と呼ばれた蒲生君平を祀る神社。

・昭和十二年奉納
羽 黒 山 神 社
上河内町の羽黒山(458M)にある神社に居る狛犬。2組居ます。皆、良い顔してます。
[写真左の1組]黒目の部分だけガラス製。「阿」形の方には子狛犬がじゃれています。年代不詳
[写真右の1組]こちらは、山道の石段を上りきった所に居る狛犬。だんごっ鼻です!明治三十一年奉納



笠石神社(那須郡湯津上村)は
日本三古碑の一つ「那須国造碑」
国宝)を祀っている神社です。
その割には小さく、寂しい神社でした。
その前に居る狛犬。

・年代不詳




昔の
新幹線ひかり号みたいだ
珍しい!こんな狛犬初めて見た。
角だけ、後から付け足して
補修したような感じなのですが、
吽形のほうの角、
後ろに反っている!!Why??
この狛犬、4年前は居なかった!
いったい、どこからっ!? 年代不詳




こちらは、前回(4年前)訪れたときに居た狛犬。

太平山にある太平山神社。
毛並みが丁寧に刻まれている。
向かって左に「阿」、右に「吽」

・年代不詳





栃木市の太平山麓に
ある、お堂。建物は
栃木市の指定文化財
にもなっています。

・年代は苔に覆われて
 いて解読出来ず。





那須町の伊王野付近にある神社。伊王野という地名からも、昔この辺りに温泉が出ていたのかな?と思ったら、「イオウ」は「イワウ(医王)」で、薬師如来の別称でもあり、薬師如来を本尊とする寺院やこれを祭った場所が地名になったものらしい。伊王野氏の祖、那須資長がこの地に崇敬する温泉神社を勧請したらしい。

・嘉永五(1852)年奉納




 壊
鶏鳥山の山頂で発見。小さな石祠の両脇にある石はどうやら壊れてばらばらになった狛犬のようだ。壊れてから大分たってしまっているのか、小さなかけらが見当たらず、つなぎ合わせて見ることは無理のようだ。石祠には安永五年(1776年)と刻まれている。狛犬も同時期に作られたのかは分からない

狛犬トップページ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・